本文へ移動

組織案内

一般社団法人九州病害虫防除推進協議会(九防協)は、企業団体によって開発された防除薬剤(天敵などを含む)について、九州各県試験研究機関相互の連絡試験により、その効果の検定と実証を行い、防除技術の普及推進に努めております。この連絡試験は九州における主要作物である普通作(水田作、畑作、飼料作)、野菜作、果樹、茶樹の4部門から成っており、試験の結果は毎年まとめて成績書として発行しておりましたが、今後は本ホームページ上の会員専用コーナーに掲載することに致しました。また、得られた貴重な成果のなかから、4部門毎の病害と虫害について、適宜主査の方々を中心に執筆をお願いした「連絡試験成果集」を刊行しています。ここに盛られている防除技術が農家に広く普及するように関係分野に配付して、その啓蒙に務めているものです。さらには、九州各県の研究員(本会の普通会員)並びに企業団体の技術者(本会の賛助会員)の資質向上と現場の実態認識のため、研修会や現地検討会、ならびに年一回の当協会の創立記念講話会等を催し、側面から九州地域における植物防除事業の推進に努めております。また、本協議会の活動の概要をとりまとめた九防協年報を毎年刊行しています。

協議会概要

法 人 名一般社団法人 九州病害虫防除推進協議会
所 在 地〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神4丁目9番12号 光ビル3F
電 話 番 号092-771-1946
FAX番号092-715-7669
代 表 者会長 山中 正博
設立年月日九州病害虫防除推進協議会 1970年7月29日 一般社団法人 九州病害虫防除推進協議会 2010年4月1日
従 業 員 数4名
業 務 内 容1.農作物病害虫防除技術の確立並びに改善のための連絡試験 2.連絡試験成績書、連絡試験成果集等の作成 3.病害虫防除に関する情報の収集と発信 4.創立記念講話会の開催 5.会員相互の技術向上のための研修会の開催
TOPへ戻る